競馬情報会社のヤフー知恵袋ワードを調べました

競馬情報会社というワードでヒットするヤフー知恵袋を調べました。

『質問』
競馬の情報会社はどこが一番、無料でいいのでしょうか? 色々参加しましたが、ろくな会社しかなくて デュークという会社が一番当ててますが、有料なので無理なもので。 なかなか頼りに成る会社はないですね 辞めればいいやんと思っておられると思いますが、
『答え』
良い情報で当たるのでしたら、予想会社が資本金で馬券を買うだけです 馬券で儲けられないから、当たらない予想を売って利益を出すんです。 よくある無料予想も、スピード指数何かを拾って来て、ドヤ顔で公開です 配当無視で的中率3割なら可能ですし、たまの高額当たりで有料コースに引っ掛かけられればラッキーって感じでは無いでしょうか? よって頼りになる会社は無いと考えます。
『質問』
【スポーツ新聞の競馬予想会社の広告について】スポーツ新聞の競馬予想会社の広告について質問です。 競馬予想会社は情報料無料で、的中保証でどうやって儲けているのでしょうか? 的中保証とは4レースで1レースでも的中しなかった場合に登録料金の200円全額をクオカードにて返金+1年間の競馬予想情報提供料無料だそうです。
『答え』
競馬カテに聞いてる?w
『質問』
詐欺なのか教えてください。 昨日、知らない番号から電話がかかってきました。 大元の会社はトータルマネジメントと言っており、電話をかけてきた男性の所属する会社は、その子会社的存在らしいです。 その方から競馬に関する副業をやってみないかと言われました。 大勢の馬主さんが赤字にならない様にJRA(日本競馬なんとか)が出来レースを組むとのこと。着順はレース前日までに馬主達の話し合いで決定するらしいです。 そのレースの情報を入手しているとのことで、お金を振り込むから、与えた情報通りに馬券を買って、当然結果は勝ちますから、勝った賞金の半分を指定した口座に振り込んで欲しいと。 残りの半分はあなたに馬券購入や賞金の振り込み等の『お仕事』の対価として差し上げますってwww で、近々その出来レース(マネジメントレースと言っていました)が生中継で日曜の午後3時から始まるから、見て欲しいと言われ、着順は教えられないにしても、注目馬の7頭と、レース展開の見所について教えてきました。 翌日また電話がかかってきて、簡単に言いますと、当該レースの注目馬やレース展開などが事前に伝えてあった情報と相違ないでしょ?と言っておりました。 事前に着順を知らなければ注目馬もレース展開も私に伝えられないはずですよ、と。 そこで、実際に今回電話をかけてきた会社と契約している方は何人いて、昨日のレースでいくら儲けたのか聞くと、会員は全体で約1000人いて、馬券を購入してもらった方は今回1000万円近く儲けたとwww こんなウマイ話あるわけないと思い、そこからは聞き流していましたが、会員にさせようと、身分証明書をFAXで送って欲しいと言われ、その後、審査の人から電話がかかってくると言ってきました。守秘義務を守れる人かどうか確認するとのことです。 粗を探してやろうと、質問してみました。 いつ頃からこの様なことが行われているのか聞いたところ、50年前かららしいです。 会員になってから、いざ情報を貰おうした時に実はお金を払わなきゃいけないとかですか?と聞けば、さっきの私の話聞いてましたよね?馬券購入費用は事前に振り込む形なので一切お金はかかりませんと。 しつこい様ですが、やはりこんなウマイ話はあり得ないと思い、電話を切って着信拒否に設定。 以上です。 最後まで読んでいただきありがとうございます。皆様の見解をお待ちしております。
『答え』
突っ込みところ満載 まず、 ①わかっているなら主(客)に振り込む金でその馬券買え ②日本では馬券購入代行業は違法です。依頼された?主様たちが法に抵触するね ③もともと馬主は道楽、赤字です。相撲の谷町と同じでお金を使うためにやっています。競走馬が黒字になるのは無事引退し種牡馬になったときにシンジケートが組まれた馬だけです。年に3、4頭、ほかはみんな赤字です。 ④個人馬主の場合、馬主になれる条件は2年連続年収1,800万円以上、総資産9千万円以上です。そういう本業があって資産家しかなれません 金儲けはだから不要なんです。だから1千万を分けるようなはした金は要りません 最近クラブ馬主が多いけど、それだったら益々一口馬主の手取りが減るじゃねーか ⑤七頭もいれば大体みんな注目馬だよ……今の夏競馬じゃ出走頭数の約半分じゃん!それに主の馬券収入は3着の「配当」までだが、馬主なら”5着まで”「賞金」になるのだが、それは外野が幾ら馬券購入で協力?しても操作もできないし賞金は定額 ⑥50年前??笑 笑 笑 FAXも携帯もネットもありません 買うレースがなんだか知らんが東から西のレースは買えなかったり、買える時間が短かったりしたんですわ。西で東のレースを買うときもそう。 90年代でさえも。締め切り早くてメインぐらいしか買えなかったんだよ~ そういう昔知らん若いネット世代の考える拙い詐欺 当然、電話料金はパケットではなく市外局番から遠くなるほど割高短時間値上げで~先方の会社が通信費で潰れている。 肝→大体、固定電話の受話器の傍にいたら馬券買えない(大爆笑)
『質問』
先日、秋葉原の中央通の歩道上で競馬のコーチ屋らしき中年の男性に声をかけられました。 本人が言うには佐藤だかのありふれた名前で、同じ会社にいたと名乗ってきました。最近競馬はどう? と聞いてきたので、自分も競馬はやるので話に付き合ってるとポケットから見せ金をだして、自分は厩舎情報を知っているからみたいなことを言われて、今回は君にも特別に情報を教えてやるからと喫茶店らしきところへ誘われましたが、振り切って逃げました。 競馬場とか場外馬券売り場ではコーチ屋には注意してるんですが、秋葉原という競馬にはあまり縁のない場所でというので油断してました。 都内でも他にコーチ屋が頻繁に現われる場所はどの辺ですか?
『答え』
東京都内は、知りませんが…我が大阪でも昔、JR大阪駅の地下にそんな輩がいました。今は、ヨドバシカメラが出来たので治安が良くなりました。西成のドヤ街行ったら、居るのじゃないですか?!
『質問』
どなたか株式会社のマジェスティと言う競馬の情報会社をご存じでしょうか?今はマンツーマンサポートと名前を変えているようですが!もしご存じの方がおられましたら回答をお願い致します。
『答え』
どうせ、会社名もカタリです。 本当に起業するなら、登記だけで株式会社なら、何百万も今はかかる。 広告通信費に事務所経費、社員の給与に、社会保険料半額会社持ち、企業だから、儲けに関わらず所得税と消費税まで、申告義務 競馬が得意なほどあり得ない。回収しきれない出費 カタレば、それが全部なくてウハウハ どうせ、振込先はまた違う名義でしょ。 全うな会社は宣伝名や通称とおなじだよ。 NHKしかり、東電しかり、全く別名だと二重帳簿疑われるから、プロはしない。 いわゆる飛ばしの口座ね。闇金なんかの倒産した会社から取り上げたやつ 御愁傷様。高い振り込め詐偽の競馬予想会社バージョンの授業料。子供の泣き声が、美味しい的中率や回収率になって、自分だけは引っ掛からないと思った??
『質問』
競馬予想会社 馬帝星について、情報おねがいします。 すごい会社だとのこと。 その真偽を知りたいのです。
『答え』
凄い会社だとの事と言うことは誰かに聞いたんですよね。その方にもっと詳しく聞いた方が良いと思います。私は競馬予想会社は信用しません。
『質問』
競馬界の闇を想う 今回の後藤騎手の事件を通して、競馬界の闇を探ってみた。 岡部騎手がエージェントを採用して以来、現在ではエージェントシステムが定着した競馬界。 しかし、今回後藤騎手が騎乗し安楽死処分となったリキサンS号のオーナーや、フジ系の競馬記者 の動向が気になった私は、少しばかり競馬界の闇を調べてみた。 競馬ファンにも是非考えて欲しい。 データでは、馬主は北海道の土木建設会社オーナーで、競馬場のメンテナンスなどを請け負う JRAの仕事のパートナーという会社。 また、この馬はオーナーにとっては数あるなかでも稼ぎ頭であると同時に 将来有望な馬であったようだ。 一方、そもそも競馬新聞などの記者とはどういう立場なのだろう。 ファンに対して競走馬の情報や厩舎の情報などを伝えて、馬券予想に役立ててもらおうという立場だ。 従って、彼らに公平中立を求めることは難しいとも思える。 それなのに何故、認められているのか? JRA側から言わせれば、国税局の指導があって認めたのだそうだ。 つまり、あとは農林水産・・が決めるべきことで、隣のお役所の領分は犯さない・・・ まさにそういうことなのだ。 しかし、事は八百長問題だ。巨額の金が動くのだ。 警察だって関係あるだろう。検察だって関係あるはずだ。 しかし、何故かこの不可解なシステムが競馬界だけ認められているのだ。 騎手の携帯などを規制するパフォーマンスは見せているが、 肝心なエージェントなる不可解な存在は認知する・・冒しい。 ましてや岩田、福永、川田のエージェントが走路妨害したレースでは 処分がすこぶる軽い。しかし、地方競馬出身の中村がエージェントの内田の場合は やたらと重い。この現実は事実だから仕方がない。 理由なんてどうにでも付けられる。 そして今年、外国人騎手が同じエージェントを選択した。 過去の調教師の自殺?、今回の後藤騎手の事件?、 因に、後藤騎手の場合、洗面所で見つかったという。 リハビリ中の事故では無かった。しかも、遺書は全くない。 あのファンを大切にしてきた彼がメッセージを残さないのは、冒しい。 ファンの皆さんのご意見は?
『答え』
「今回の後藤騎手の事件」という表現には賛同します。 (1)「自殺と肯定すれば」 エージェント・競馬エイトの元覆面TMのH氏が「Keyマン」な気がします 「(後藤に対し)お前、今週騎乗できなければ契約破棄だよ・・・」とか「パワハラ」が原因かも。 ① 元々、H氏は「大久保厩舎、藤澤和雄番の記者」で「吉田豊のエージェント」だった。 ② 大久保調教師は昔は「エージェント制に否定的だった、が自分が引退するとなると、「Hよ、また(豊を)頼むな」となったことも考えられる。 ③ 先週で大久保調教師が引退、で新人騎手ならび外人騎手が2名加わる。 ④ 後藤の4回目の落馬原因も「藤澤和雄の秘蔵っ子」「北村宏」だった。 ①~④で急遽?・・・「後藤から手を引く、もしかすると完全に手を引く」土壌が出来たのではないか?? 今回、フジCSの「競馬予想TV!」と「みんなのケイバ」両番組を視聴したけど、昔「大川慶次郎氏が亡くなられた直後」と今回では「上から目線?的コメント」が多かった気がするし、「熱くは語ってたが」「若干、評論家的、他人事のようなコメント」だったのは「妙な違和感を覚えた」・・・特に「競馬予想TV!」がね・・・ (2)「他殺」 オレはまだ「他殺」説を捨てきれていない・・・・・・

レビューを書く


Submit your review
*必須項目


オススメ-競馬予想会社

ギャロップジャパン
オススメ、無料コンテンツあり、無料予想が激アツもちろん有料予想も!!